栃木県栃木市、小山市、結城市、佐野市からご愛顧を頂いている着物専門店です。新作振袖をはじめ、留袖、訪問着のフォーマル着物も豊富な品揃えです。小紋(お茶会向きの江戸小紋やお洒落用まで)、紬(大島紬、結城紬、牛首紬)などの各産地紬から、袋帯・九寸、八寸名古屋帯も地域一番の品揃えです。和装小物も充実しております。当店一番の自信はお値段のお安さです。簡単で楽な前結び着付け教室も週3回開催中です。

お問い合せ・来店ご予約はこちらまで
<<  2017年10月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯サイトはこちら
 
丸森 蔵の街の呉服屋ブログ

丸森 蔵の街の呉服屋ブログ

店主をはじめ、丸森スタッフのブログです。いち早い新商品情報や、お役たち情報をお届けいたします。

タグ:「色留袖」の記事一覧

結婚式のお呼ばれ  [2017年10月14日]
こんにちは、栃木市 丸森 蔵の街の呉服屋 中新井です。

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます!

 
 朝一番、着物の着付けを
させて頂きました。
 
ご友人の結婚式のお呼ばれです。
 
 若奥様ですが、着物姿がとてもお似合いですね~(^^♪
 
 
 
10月15日(日)~16日(月)は、第3日曜日となりますので連休とさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。
 
 
 
 
丸森 蔵の街の呉服屋

ホームページ フェイスブックでも新しい情報を発信しております。
 
 
Posted at 19:48
色留袖の紋  [2017年10月11日]
こんにちは、栃木市 丸森 蔵の街の呉服屋 中新井です。

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます!

先日、お見分け頂いた吉澤の色留袖、抜き三つ紋で加工を進めていましたが、なんと堅牢度が良すぎて、綺麗に白く抜けない事が判明しました。2軒の紋屋さんでもダメでした。
 
そこで、お客様と相談して、ペインテックスのようにする方法もあったのですが、こだわりのお客様なので、縫紋で総スガ縫い紋にしました。
 
 色留袖に紋は幾つ入れたらよいですか?聞かれることがあります。TPOもお聞きしながらですが、当店では3つ紋をお勧めしております。
また、色留袖以外では、お洒落な刺繍紋も可能です。
長羽織や、カジュアル向き江戸小紋などに入れると、おしゃれ度がぐんと上がりますね。
 
 
 
丸森 蔵の街の呉服屋

ホームページ フェイスブックでも新しい情報を発信しております。
 
 
Posted at 16:04
色留袖の着付け  [2017年09月02日]
こんにちは、栃木市 丸森 蔵の街の呉服屋 中新井です。

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます!

 台風の影響でしょうか、風は強いですが涼しい1日となりました。
今日はあさイチに、色留袖の着付けをさせて頂きました。
ご友人の結婚式に参列されるそうです。
 
 
 
連続のお祝い事で、7月にもお召しになられましたが、今回は帯を新調して頂きました。
 
  
 
当店好みの袋帯で、色あいが素晴らしいです。有難うございます。
 
 
 
 
 
 
 
丸森 蔵の街の呉服屋

ホームページ フェイスブックでも新しい情報を発信しております。
 
 
Posted at 17:00
吉澤の色留袖  [2017年08月23日]
こんにちは、栃木市 丸森 蔵の街の呉服屋 中新井です。

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます!

 今日は、夏の高校野球の決勝戦です。いまのところ、埼玉代表の花咲徳栄がリードしていますが、最後まで何が起きるか分かりません。両校とも頑張って下さい。
 
昨日は、吉澤織物のこちらの色留袖をお見分け頂きました。
濃い栗色地に、松葉と色紙模様の重厚な色留袖です。
 
 
 
 帯はお手持ちの華紋の袋帯をのせたところ、ピッタリでした。
姪っ子さんが、めでたく結婚されるそうで、おば様として参列されるそうです。おめでとうございます。後々を考えて、紋はあえて3つ紋にしました。
 
 
 
 
 
丸森 蔵の街の呉服屋

ホームページ フェイスブックでも新しい情報を発信しております。
 
 
Posted at 16:14
今日の着物美人さん。  [2017年07月26日]
こんにちは、栃木市 丸森 蔵の街の呉服屋 中新井です。

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます!

 今日から夏物最終セール【夏得市】が始まりました。
そんな中、今週末に、ご友人の結婚式に出席される際、色留袖をお召しになるという事で、小物のコーディネート相談がありました。
 
4月にお母様がお嬢様にと、誂えた色留袖です。吉澤織物の重厚な古典柄模様で、クリーム地の色がお嬢様にピッタリでした。美人さんなのに、顔は暈かして下さいという事で残念ですがボカシしてあります。
帯は、お手持ちの成人式の袋帯を合わせましたが、9月にもまたお召しになる予定があるのと、これから先長くお使いになれる帯という事で、ちょうど入荷してきた、こちらの袋帯もおすすめしました。
 
黒とグレー地に、重厚な古典模様が見事な帯です。写真を撮るの忘れてしまいましたが、色留袖との相性が凄く良いです。
 
 年代も、巾広くお使いになれる帯ですので、姉妹兼用にも、あるいはお母様兼用にもお使いになれそうです。
今週末はさすがに間に合いませんでしたので、9月の時には初おろしの予定です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
丸森 蔵の街の呉服屋

ホームページ フェイスブックでも新しい情報を発信しております。
 
 
Posted at 14:44
色留袖のご納品。  [2017年04月18日]
こんにちは、栃木市 丸森 蔵の街の呉服屋 中新井です。

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます!

 今日は30度近くなる真夏日になるとか?!
ちょっと前まで、暖房をつけていたのがウソのようです。「熱中症に気をつけて下さい」とのニュースが流れていましたが、本当に気を付けましょう。どなた様もご自愛ください。
 
仕立に出していた色留袖が、出来上がり本日お客様に納品させていただきました。
 
 
 
 吉澤の色留袖です。画像では分かりづらいですが、濃こげ茶色の地色に、七宝と唐草模様が調和した、素敵な色留袖です。
帯は、北出与三郎先生の本袋帯を合せました。
 
 
 
 最近は、家紋を5つ入れずに、3つ紋、あるいは1つ紋をご提案しています。
吉澤さんの色留袖、当店では人気です。
 
 
 
 
 
 
 
 
丸森 蔵の街の呉服屋

ホームページ フェイスブックでも新しい情報を発信しております。
 
 
Posted at 12:55
こんにちは、丸森・蔵の街の呉服屋 中新井です。
いつもブログをご覧いただき有難うございます!
 
                                
 
着物通の方から、お若い着物好きなユーザーから絶大な人気を誇る
 
着物月刊誌【月刊あれこれarecole】
 
 
 
 
今回の133号に、当店の女将のアンケート内容が掲載されました!
 
 
今どきの、フォーマルルールというテーマでの特集ですが、文面とこちらの想いがちょっと違って表現されていたので、訂正させて頂きます。
 
『残念ですが・・・』とありますが決して残念ではなく、色留袖を、訪問着同等の格式にするため、あえて家紋を1つにして、誂えるのを当店ではおすすめしております。
 
格式のあるご家庭や、呉服専門店さまからは、ご批判も承知の上のご提案です。
いまの時代、着物が必需品ではありませんが、通過儀礼としての着物の役割は絶対的だと思っております。
そんなことから、今までのルールをちょっと変えて、着られる範囲を広げていきたいと、強く思っております。地域性の違いもありますが、家紋が入った着物は、ぜひ継承していかなくてはと、強く思っています!
Posted at 19:57
<< 前のページへ
|
次のページへ >>